電話占いの占い師!稼げない占い師と稼げない占い師の違い


電話占いの占い師は稼げる仕事だという人と、いやあれは稼げないねと言う意見、非常に様々です。

実際のところ、電話占いの占い師は稼げるのでしょうか?

こんな占い師は稼げる、こんなタイプは稼げない、その違いを見ていきましょう。

占いサイトで仕事した場合

最初に、電話占いのサイトで仕事をした場合、どの程度のお金が入ってくるのかも知っておきたいですね。

電話占いのサイトによって多少の違いはありますが、平均的に鑑定料金の20%から35%が占い師の収入になっています。

鑑定料金1分200円の占い師の場合、手取り50円前後と言う感じですね。1分で50円の収入となると、30分相談に乗れば1500円になります。

結構高収入に見えまよすね。でも実際に稼げる金額には、差が出てきてしまうものなのです。

稼げる占い師とは

高収入の占い師の場合、月に100万円程度稼いでいる人もいるのです。こうした占い師の特徴をまず見てみましょう。

第一に、待機時間が長いということです。待機している時間がながければ、利用者も利用しやすく依頼も入りやすくなります。

売れっ子の占い師の場合、1日に10時間位待機している人がほとんどです。

次に会話の技術です。占うだけが占い師の仕事ではありません。

相談者としては当てるだけでなく、相談事に対するアドバイスがほしいわけです。

アドバイスをどう与えていくか、占って見えたものを伝えるとともに、これも考えなくてはなりません。

結果、相談者がそのアドバイスに耳を傾けて、それに対してまた意見を聞きたいなど、会話が続くことが大事なんですね。

1分いくらの仕事なので、会話が続くことはすなわち収入が上がるということでもあるんです。

無理やり引き伸ばしたりすること無く、相談者に話をもっと聞きたいと思わせる占い師こそ、稼げる占い師なのです。

稼げない占い師とは

待機時間が短いことが第一に上げられます。

特に兼業などで占いの仕事をしていると、どうしても待機時間は短くなってしまいます。

待機時間が短ければ、せっかく利用してくれた相談者も次の時に、待機してくれていないからと別の占い師に行ってしまう可能性もあります。

また会話のキャッチボールが下手だということも上げられます。

話術だけが得意でも、相談者の言葉を聞かない、ひたすら自分だけが話し続けるとなると、会話になりませんね。

相談者と会話になるからこそ、時間もどんどん過ぎていきますし、相談者も自分の話を聞いてくれて相談に乗ってくれているということで、親近感も生まれるのです。

なので、会話上手でない、相談者との会話を大事にしない占い師の場合、結果収入はよろしくないということになります。

まとめとして

当たることも大事ですが、単に当てた結果だけを告げるのでは、電話占いの占い師は稼げません。

いかに相談者と会話を構築するか、待機時間を長くして相談者のニーズに答えるか、これが稼げる稼げないのボーダーラインになっているのです。